• 電話占い・凛音とは
  • ご利用方法
  • お支払方法
  • 霊能者紹介
  • よくある質問

あなたの身近にある霊現象

夜中に起きる腹痛

みなさんは夜中に、突然腹痛に襲われた経験はありませんか?

ちょっと今日は食べ過ぎた、またはおなかにあわないものを食べたなど、食物関連の腹痛は誰もが経験されたことがあることと思います。食物関連の腹痛は体質的におなかが弱い人、あまり弱くない人など、個人差があり、たとえば同じものを食べても、おなかをこわす人と、こわさない人がいます。ここで紹介する腹痛は、こういった食物関連の腹痛とは異なった腹痛の現象についてご紹介したいと思います。

1人で睡眠をとっているときというのは、実は霊が入りこみやすいタイミングです。霊はなんらかの意図を持って、あなたの部屋に侵入していることがあります。例えばよくある霊としては、若い女性に寄り添う霊です。霊も好みのタイプがあり、男性の霊であれば特に、若くて綺麗な女性を好む傾向にあります。隣に男性の姿があるとあまり近寄りがたいようで、女性が一室に1人で寝ているパターンが多い状況です。これらの霊は、ただ単にあなたのことがタイプというのであればさほど問題はないのですが、何らかの形でこの世に未練があり、また強い念を抱いている場合、体に入りこもうとしてしまうため、危険が生じる場合もあります。

それではこれらをあらかじめ把握する方法はあるのか?という点ですが、私たちの体に表れやすい症状としては、腹痛に襲われるというものです。よく夜は「足がつる」などといった症状が表れる人もみられますが、足がつる場合も筋肉がなんらかの形で緊張しているケースが多い状況です。もちろん疲労などで足がつる人も多いため、いちがいに原因はわかりませんが、霊による影響で足がつる場合もあります。

食に関する腹痛ではないにも関わらず、起こす腹痛は、霊があなたの上に乗っていることが原因で起きる場合が多々あります。霊はなんからの意図を持ってあなたのそばに行き、寄り添っています。その際、霊の影響により腹痛を起こす事例が存在します。腹痛を起こすケースでは、体が見えないながらも霊があなたの上に乗っているため起きてしまう状況です。悪意や強い念を抱いた霊は重みを感じることが多く、腹痛のほかにも、冷や汗をともなうものあります。私たちの体と霊の動きは、知らず知らずのうちに同調化されてしまい、夢にまで影響を及ぼすことがあります。霊は夢の中に入り込んできやすいため、腹痛を伴う際は、あまり良くない夢でうなされていることが多い状況です。腹痛は目が覚めると、ぱっと治まります。寝ている場に侵入する霊は、目が覚めるとあなたの体から離れていきます。しかしながら注意が必要なのは、あなたの家にいついてしまった霊です。あなたの家が居心地良く、またあなたのことをなんらかの理由で気にいっている場合、長期にわたり滞在してしまうことがあります。こういった現象は、気がつかないうちに気力を消耗してしまうため、「最近なんだか疲れやすい」「睡眠をとっても、疲れが抜けない」といった状況を生み出してしまいがちです。

電話占い凛音では、霊感が強い霊能者が透視を通じてあなたの状況を把握し、どう対処すべきかアドバイスを送っていますのでお気軽にご相談ください。


ページ先頭へ戻る