• 電話占い・凛音とは
  • ご利用方法
  • お支払方法
  • 霊能者紹介
  • よくある質問

HOME守護霊について守護霊からの警告

守護霊について

守護霊からの警告

私たちを温かく見守ってくれている守護霊。守護霊の多くは、私たちの先祖の場合がほとんどです。時代背景から、祖父母や時には父親、母親などの場合もあります。また現世でなんらかの強い接点があり、恩義を感じている人を守っている場合もあります。守護霊は私たちを背後から見守っており、災いや障害を回避しようと必死で守ってくれています。そのため「もうだめだ」と思うような場面でうまいこと回避された経験や奇跡的に助かった経験をされたことがある方もいることと思います。これらの多くは、守護霊が必死で私たちを守ってくれているのです。

みなさんは守護霊の存在を把握しているでしょうか?おそらく多くの人が、目に見えないため把握していないことと思います。霊感がなく把握している人の場合、守護霊からなんらかの警告を受けたことがあったり、霊感が強い人から守護霊の存在を教えてもらったなど、霊感以外で存在を把握した人が多いのではないでしょうか?

守護霊は何事もないときは、安堵の気持ちで温かく見守ってくれています。しかし状況がよくないとき、また時には生命の危機に関わる際は、警告を促します。守護霊が警告を促しても残念ながら霊感がない一般の人たちには、なかなか気がつきません。なんとかメッセージを伝えようとする場合、夢の中で伝える場合があります。夢は脳が作り出す潜在意識とも言われており、現実と間逆の夢や全く関係ない夢、また時には予知夢など、未来に起こるであろう出来事を見ることがあります。

守護霊と接触できるのは霊感も含めてまさに「感覚」の世界となります。夢も「感覚」も一感であり、自分が感じたこと見たこと、知っていることなど潜在意識として反映されることもあれば、全く未知の人やできごとが反映されることもあります。夢の中で守護霊が警告を出す場合、多くの人は亡くなった先祖の姿が表れるといわれています。そのため、先祖の夢をみたときは注意したほうがいいといった説が現在も根強く残っています。

もちろん夢は病気などと違って、具体的な現象や症状が表れるものではありません。その空間は現実とはまた違った空間に存在しており、当然ながら夢がすべてとも限りません。

現代社会では科学が著しく進歩し、多くの開発品を作り出してきました。科学的に立証されないものを否定する学者も多く、守護霊はまさに科学とは異なる世界のため、存在を信じない科学者も多い状況です。守護霊を科学的に証明するのは難しいかもしれませんが、私たち人間は第六感と呼ばれる「感性」が備わっています。夢でなんらかの違和感を抱いた時や何かの感じることがある場合、守護霊からの警告の可能性が高いといわれています。

守護霊は時に霊感が強い霊能者のもとへ導き、メッセージを伝えようとする場合があります。その場合、何度かサインを送ったもののうまく伝わっていない、または現状では良くない方向に進んでしまうといったケースがほとんどです。守護霊はなんとかメッセージを伝えなくてはと考えて導きます。

電話占い凛音では、24時間体制で霊能者の中でも、特に霊感が強く守護霊をはじめとした透視が可能な人材が待機しております。何事も早めの処置が肝心です。「何か引っかかる」「何かおかしい」、そう感じたら是非当サイトの電話占いへご相談ください。霊能者があなたの守護霊と交信し、実態をお伝えします。


ページ先頭へ戻る