• 電話占い・凛音とは
  • ご利用方法
  • お支払方法
  • 霊能者紹介
  • よくある質問

HOME守護霊について守護霊の導き

守護霊について

守護霊の導き

「虫の知らせ」、みなさんはこの言葉を耳にしたことがあることと思います。

虫の知らせとは何か感じるところがあり、あるアクションを回避するといった、「感」に基づいた行動となっています。現代社会は科学の進歩が著しく、一昔前では夢のまた夢だった、飛行機や車など文明の先端とも言えるさまざまな道具が開発されてきました。これにより、「論より証拠」に基づいた理論が加熱し、その影響から「感」といった人間の感性に基づいたものは、立証が難しいことから神秘性の高さが認められないといった科学者たちも多数存在します。その反面、科学者や医師の中には「感」に基づくものを信仰している人も多くみられ、「感」は「なんとなく」といった感触だけではなく、危機管理の一環だと考える人も多い状況です。信じる信じないは人それぞれですが、私たちに何かある場合、まず守護霊が率先して警告を促します。

守護霊が一番メッセージを発しやすい場所は、「夢」だといわれています。「夢見が悪い」「亡くなった祖先の夢をみた」といった場合、守護霊からの警告である可能性が高いのです。夢は睡眠中に見ることから、はっきりとした記憶が伴わない場合が多いといわれています。そのため、「何か今日の夢は変だった」と感じても、「気にせいかもしれない」と考え、夢のことすら忘れてしまう人もいます。

あらゆる方法でなんとか危険を伝えようとする守護霊ですが、どうやってもうまく伝わらないとき、また強い悲しみやショックを受けているときは霊感が強い霊能者のもとに導き、メッセージを伝えてもらうよう強く促します。メッセージを伝えてもらうには霊能者のもとへ導く必要があるのですが、守護霊はなんらかの形で、霊能者のもとへ足を運ぶよう、さまざまなアクションを起こしています。このようにして霊能者は守護霊からのメッセージを受け、相談者をよき道を伝えている状況です。霊感占いに興味がない、電話占いをやるつもりはなかったといった人が、なぜだか電話占い凛音が気にかかり相談したというケースは、守護霊が導いているからに他なりません。人間は不思議な縁でつながっており、偶然のできごとやたまたま起こった事柄は、必然として起きていることの方が多い状況です。電話占い凛音の霊能者に相談したのも何かのご縁であり、相談者を幸せに導くのが霊能者の役目だと自負しております。

人生、大局の流れに逆らうことはできません。しかしながら痛みを最小限に抑えることは十分可能です。守護霊はあなたのそばでいつもあなただけのことを考え見守っています。頑張ること、耐えることは大事ですが、それだけでは解決の糸口が見えないこともあります。恋愛や仕事、生活の悩みは色んな物事や事柄が絡み合った上で成立しているため、さまざま角度から状況を把握し、また次への道を選択する必要があります。

守護霊もなるべく自分自身の力でなんとかしようとするのですが、あなたが窮地に追い込まれている状況の際には、霊能者を通じて、メッセージを伝えてもらうことを望んでいます。悩めるあなたの肩の荷を降ろし、守護霊をも安心させてあげてくださいね。


ページ先頭へ戻る