• 電話占い・凛音とは
  • ご利用方法
  • お支払方法
  • 霊能者紹介
  • よくある質問

霊能者一覧
絆(きずな)霊能者
希和(きわ)霊能者
航(わたる)霊能者
緋女子(ひめこ)霊能者
魁人(かいと)霊能者
華絵(はなえ)霊能者
真汐(ましお)霊能者
新(あらた)霊能者
雄大(ゆうだい)霊能者
駆流(かける)霊能者
美珠枝(みずえ)霊能者
凪子(なぎこ)霊能者
千都(ちづ)霊能者
巧(たくみ)霊能者
萌春(めばる)霊能者
堤司(つつじ)霊能者
小鳩(こばと)霊能者
快晴太(かいせいた)霊能者
魂織(たまおり)霊能者
花野(けや)霊能者
印田(いんでん)霊能者
甲賀乃(こうがの)霊能者
暖(だん)霊能者
心居(しんきょ)霊能者
天睡(てんすい)霊能者
扇義(おうぎ)霊能者
箕面(みのお)霊能者
皆賀田(みなかた)霊能者
千原(せんばる)霊能者
指月(しげつ)霊能者
忠敬(ただたか)霊能者
明星(あけぼし)霊能者
織香(おりか)霊能者
芙紗和(ふさわ)霊能者
伊豆智(いずち)霊能者
芽依莱(めいらい)霊能者
早蕨(さわらび)霊能者
梓美朎(あずみれい)霊能者
宝竜泉(ほうりゅうせん)霊能者
一波塔(いちはとう)霊能者
羽衣(はねい)霊能者
瑠璃鶴(るりつる)霊能者
泰菜(たいな)霊能者
摩澄(ますみ)霊能者
莉奈子(りなこ)霊能者
楯幸(たてゆき)霊能者
藤村子(ふじむらこ)霊能者
龍造寺(りゅうぞうじ)霊能者
五所里(ごしょざと)霊能者
海知(かいち)霊能者
菊楽(きくらく)霊能者
比奈乃(ひなの)霊能者
佳澄志乃(かすみしの)霊能者
花椿(はなつばき)霊能者
天川理花子(あまかわりかこ)霊能者
珠美(たまび)霊能者
桃美(ももみ)霊能者
博星(はくせい)霊能者
若苗(わかなえ)霊能者
亜麻津(あまつ)霊能者
仲元(なかもと)霊能者
伊佐絵(いさえ)霊能者
風琵(ふうび)霊能者
HOME霊能者紹介指月(しげつ)霊能者紹介

霊能者紹介

指月(しげつ)霊能者

7011
霊感・霊視・透視・予知・縁結び・人探し
復活愛・恋愛・結婚
20分間5,000円/以降1分間250円(税別)
私の霊感・霊視鑑定を受けると、「すべて的中するので怖いくらい」とよく言われます。鑑定を通じて多くの方の悲しみに接してまいりましたが、必ずそれを笑顔へと転じてきました。その結果、たくさんの方がリピーターになってくださり、「不可能を可能にする鑑定師」とおっしゃってくださいます。

お客様からの声

彼の裏切りを福に転じ、結婚することになりました

戸塚尚子さん・31才・東京都八王子市

学生時代からつきあっている彼から、「同じ会社の女性と関係し、子供ができてしまった。男として責任を取るつもりだ」と打ち明けられました。ショックでそれから毎日泣き通しだった私。でも、どうしてもこのままじゃあきらめられない!と思い、以前にも恋愛相談でお世話になったことのある指月霊能者に電話占いをお願いしました。指月霊能者は穏やかながらもきっぱりと「子供はできていません。貴女から彼を奪うためにその女性がついた嘘です」とおっしゃったのです。驚いて息を呑む私に「あと半月もすればそのことが明るみになり、彼が謝ってきますから、他の女性と関係したことは一切責めないで。彼の妻になるのは貴女です」ともおっしゃいました。半月の間じっと待っていると、ある日彼が私のアパートに直接訪ねてきたのです。「妊娠は間違いだった。でも、おまえを裏切ったことは事実だもんな。ごめん。許してくれ。愛している」指月霊能者に言われた通り、私は彼を責めずに胸に飛び込みました。今回のことがきっかけとなって結婚も決まったんです。指月霊能者、ありがとうございました。

他の女性と結婚した彼と霊能力で復活愛が実現

高橋洋子さん・33才・福岡県大牟田市

私は男性から食事に誘われても断るし、合コンにも参加しません。心の中にたった一人の人が住んでいるからです。それは3年前に別れた職場の先輩。転勤で遠距離恋愛になっても二人の愛は揺るがないと思っていたのに、彼は赴任先で彼女を作り、電撃結婚してしまったのでした。それ以来、すっかり性格が暗くなってしまった私を見かねて、友達が「電話占い・凛音の指月霊能者に相談してごらん」と電話番号のメモをくれました。友達への義理立てのつもりで電話しただけなのですが、その電話が私の人生を変えることになるとは…。指月霊能者は私の霊能者に抱いていたイメージとはちがう明るい声で、「元カレが忘れられないんですね」とズバリ言い当てました。驚いて絶句していると、「彼の結婚生活は破綻しています。もともと強引な女性に押し切られる形で結婚したようなもの。結婚してから本当に愛しているのは貴女だと気づいて、猛烈に後悔していますね」指月霊能者の霊視に「そ、そんな…私もまだ彼を愛しているんです!」電話がつながって初めて私が発した台詞はこうでした。指月霊能者は「ええ、わかっていますよ」とやさしく相槌を打ち、「彼は今年中に離婚します。そうしたら貴女のもとへ帰るよう、縁結びをしましょうね」指月霊能者が真言を唱えている間、受話器を持つ私の手はじんじんと痺れていました。そして、半年後、マンションに一日たりとも忘れたことのない彼が訪ねてきたのです!「許してくれるなら、もう一度やり直したい」という彼に「愛してる、愛してる」とだけ答えた私。今は一緒に暮らしています。指月霊能者、本当にありがとうございました!


ページ先頭へ戻る